関節リウマチや整形外科的疾患についてご意見、ご質問、メッセージ等々お気軽にお問い合せください。

コチラから>>

「リウマチのことを知りたい」「整形外科ではどんな症状を扱うの?」などなど、素朴な疑問から専門的なご質問にもお答えしています。

コチラから>>

    介護保険のサービスを利用するためには

日常生活に介護や支援が必要な状態であることについて、市町村から認定を受けることが必要です。これを要介護認定と言います。 

    お住まいの市町村から申請

要介護認定を受けるためには、お住まいの市町村の窓口に申請が必要です。

    要介護認定の流れ
 1  申請  

要介護認定を受けるためには、お住まいの市町村の窓口に申請が必要です。

市町村によって窓口の課が異なります。ご注意ください。

  • 逗子市「介護保険課
  • 鎌倉市「高齢者いきいき課」
  • 葉山町「福祉課」

       ▼

 2  心身の状況に関する調査  

◆主治医の意見書

  病気の状態などをまとめた、主治医の意見書が必要です。

  かかりつけ医にご相談ください。

  当院かかりつけの方は、受付にて、介護保険用アンケートにご記入いただきます。


◆訪問調査

  市町村の調査員がご家庭を訪問し、介護を必要とする方の心身状態などを調査します。

       ▼

 3  介護認定  

主治医の意見書の内容と、訪問調査の結果をふまえ、

  • 日常生活に介護や支援が必要な状態かどうか
  • どのくらいの介護を必要とするか

判定を市町村にて行います。

必要な介護の度合いに応じて、

要支援1・2、要介護1~5、非該当のいずれかに分けられます。

(一般に、認知症がある方は重い区分になる傾向があるようです。)

状態区分

心身の状態

要支援1  介護が必要となるおそれがある状態。
要支援2
要介護1

部分的な介護を必要とする状態。

要介護2

軽度の介護を要する状態。

要介護3

中等度の介護を要する状態。

要介護4

重度の介護を要する状態。

要介護5

最重度の介護を要する状態。

非該当

介護・支援が必要ないとされる状態。