関節リウマチや整形外科的疾患についてご意見、ご質問、メッセージ等々お気軽にお問い合せください。

コチラから>>

「リウマチのことを知りたい」「整形外科ではどんな症状を扱うの?」などなど、素朴な疑問から専門的なご質問にもお答えしています。

コチラから>>

リウマチ学会 専門医 合格・・・?

本日、済生会平塚病院のリウマチ外来を終え、スタッフが事務処理を頑張っておりクリニックに戻りました。

いつも、ご苦労さまです。・・・と事務処理を手伝っていましたが、

今週末と思っていたリウマチ学会専門医の認定発表が来ていました。

いきなりに、びっくりです。

今年は、問題集からもあまり出ていないような雰囲気で、最近の試験の中では一番手ごたえがなかったような印象でした。こんなんで、大丈夫か・・・?

結果は、「リウマチ専門医」に認定するとの返事。

看板倒れにならず、ちょっと安心です。

これで、外科・内科の両方の資格を得ることができました。

前からリウマチの専門外来をやっていながら不思議な感覚です。

 

今日の済生会平塚病院の患者様たちも寛解に達している方が多く見られました。

朝から雨や風が強く、大変な日でしたが、うれしいことが多い日です。

 

とはいえ、医師は専門医がスタートラインなようなものです。

正式な認定は3/1からです。

これからも自惚れず、頑張ります。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    (水曜日, 08 2月 2012 19:05)

    おめでとうございます。日頃の努力の成果ですね。うーん、こちらも負けませんよ。頑張ります。

  • #2

    (水曜日, 08 2月 2012 20:24)

    どうもです。
    成果は怪しいですが、患者さんたちが先生みたいなものですね!!
    まだまだ止まらず、走り続けます。

  • #3

    (土曜日, 11 2月 2012 20:34)

    先生 合格おめでとうございます。
    私は済生会の患者です。 リウマチと診断されて2年8ヶ月。
    処方された薬を飲んだ次の日から、痛みがほとんどなくなり、これなら無理をしなければ普通の生活ができる・・前日までの痛みとの戦いと不安だらけの毎日に、希望の光を感じた事を今でも覚えています。
    新薬投与も終わり、今ではリウマチであるのを忘れるくらい快適な生活をしています。
    が、ちょっとした咳、関節の微妙な痛み、朝の手のむくみや変化にはものすごく敏感に感じる自分がいます。 いつまた痛みが始まるのか怖いんです。 
    先生だけが頼りなんです。  これからもよろしくおねがいします。  

  • #4

    (日曜日, 12 2月 2012 20:38)

    お祝いのお言葉、ありがとうございます。
    いろいろ、不安が付きまとうかもしれませんが、大分いい方向に向かっていると思います。
    大分、薬が進歩して前に進むことができていますが、完全ではありません。
    不安なことはまた質問してくださいね。