セルフメディケーションプログラム ~自分でも治せる~

 

動かなくなった関節を効率的に回復させる補助療法として、セルフメディケーションがあります。
関節の硬さ(拘縮)の程度によりますが、比較的時間のかかることが多く見られ、場合により筋膜リリース注射(ハイドロリリース)などが必要になります。
自身で行えるリハビリを行うことで、より早く回復することを促せます。
理学療法・CPY・ヨガ・ピラティスなど、適宜用いることでよい結果を残しましょう。

 

理学療法

リハビリテーションの基本の一つに、「可動域の改善」があります。動きが良くなることで、運動を加えたリハビリを始めることができます。

関節周囲のリラクゼーションテクニックを紹介しまあなたにあなたにどの方法が適しているか、理学療法士から指示がありますので、ご参考としてください。

Ⅲ 手・肘