関節リウマチ 治療薬 注射製剤

関節リウマチの活動性を増悪する免疫機構を抑える薬剤です。

 

作用点にて、特徴を有します。投与間隔や副作用など、スタッフとよくご相談下さい。

【抗TNFα製剤 一覧】

抗TNFα製剤は、メトトレキサートと併用することで十分に効果を発することができると言われています。

大きく分け抗体製剤と抗レセプター抗体に分けられます。

効果に大きな差は見られませんが、効かなくなった際の変更がしやすいのが、抗TNFα製剤と言われています。

点滴製剤であるレミケードは、最も即効性が認めれれますが、ヒト型ではなくマウスとのキメラ抗体でもあり、徐々に使われなくなってきています。

 

【抗KL-6製剤 抗C4TLA抗体製剤】

抗TNF製剤とは別な機序にて抗リウマチ作用を有する薬剤で、効果は同等と言われています。

MTX(メトトレキサート)の併用が無くとも効果が認めれており、腎機能に支障がある高齢者の方に用いられることが多いです。


【抗リウマチ薬 注射製剤 詳細】

レミケード

ヒュミラ

シンポニー


シムジア

エンブレル


アクテムラ

ケブザラ

オレンシア